2007年03月03日

北海道で古くから親しまれてきたさくらんぼ仁木のサクランボ 『水門』 500g×2入




北海道で古くから親しまれてきたさくらんぼ仁木のサクランボ 『水門』 500g×2入

札幌市内からクルマで1時間ほどの仁木町は、北海道でも随一のフルーツどころ。明治時代にリンゴの植樹が始まり、以来フルーツの町として知られるようになりました。

対馬暖流がもたらす高温多湿な気候と、東西を防風林のように山に囲まれた地形により、デリケートな果樹の栽培に適していると言われています。

『サンユー農産・コロポックルの里』の
さくらんぼ農園です。

さくらんぼはとてもデリケートな果物で、雨に打たれると傷んでしまうことから、高級品種の実がなる頃には、こうして屋根をかけて保護してやります。



posted by kininarugoods at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。